Tulip House 株式会社竹田木材

家族が仲良く健康で幸せに暮らせる家づくり
HOME > 家づくりのお役立ち > これからが、夏本番です!

これからが、夏本番です!

2019-07-11

こんにちは、皆さんお元気ですか?

チューリップハウスの竹田です!

いよいよ7月に入りましたが、梅雨明けが待ち遠しいですね。

先日、東京オリンピックの抽選結果が発表されましたね。

残念ながら私には運がないので全部ハズレでした。

当たった人の方が少ないですが、

私の知り合いで6枚当たった人がいました。

みなさんはどうでしたか!? 

まだ予約できるチャンスはありますが、

先着順なのでおそらく難しいと思います。

残念ですが自宅でTV観戦ですね。

 

しかし、今、スポーツ界に関しては富山県出身者が活躍していますね。

大相撲の朝乃山の夏場所がどうなるのか楽しみですし、

NBAのドラフト9位に指名された八村塁選手も、

NBAでどこまで活躍できるのかが本当に楽しみですね。

TV中継でバスケットボールの試合と大リーグの野球観戦と忙しくなりそうです。

 

ところで今年の梅雨の雨量は例年より多いみたいですね。

地域によってはかなりの大雨による被害も出ていますので、

気象予報を聞いて十分な注意が必要です。

梅雨明けも、昨年はとても早かったのですが、

今年は例年より遅く、

7月下旬頃の予想です。

本当に、カラッと晴天が続く夏が待ち遠しいですね!

ジメジメした梅雨が早く終わることを祈って待ちましょう!

さて、新しい事務所が出来て1年が経ちました。

旧事務所は、夏は非常に暑く、

冬は寒かったのですが、

今の事務所は、非常に快適です。

仕事の効率もアップしましたし、

今の時代働き方改革ですので、

従業員もめったに残業することなく、

日々効率よく業務をこなしています。

私は、自宅よりも断然に事務所の方がネット環境も良くて快適ですので、

ついつい帰宅が遅くなってしまっています。

これからの時代は、建築物は全てエネルギー消費の少ない建物、

住宅においても、断熱・気密の性能の高い家を建てることが重要です。

時々外見が、非常に良く建てていても、

断熱性能が並みのレベルの住宅があります。

やはりこれからの家づくりでは、

かなり高レベルの断熱性能の家を建てることが、

スタンダードになっていきますので、

今の時代は大丈夫でも、

5年10年後に求められるレベルでは、

低くてだめだということになります。

そこで、これから家づくりを始められる方は、

建てた後で後悔しないために、

断熱性能を最優先に考えて進めてください。

家の本体構造や窓も含めての断熱性能は、

一度建ててしまうと後では変えることは出来なくなります。

年間の冷暖房費、ランニングコストを下げるために、

住宅性能を最優先に家づくりを進めてください。

やはり住宅ローンが終わる、

30年や、35年先までのことを考えて、

求められる住宅性能を決めてください。

確かにお客様は、家づくりの専門家でないので、

どのレベルまで必要なのかは、

住宅会社の担当者の説明を聞かないとわかりません。

しかし、実際には自社の説明は出来るけど、

どのくらいの住宅性能が適正なレベルなのか、

お客様の家づくりでは必要なのかを、

きっちり説明できる営業マンがほとんどいないのが現状です。

大手の住宅営業マンでも自社の自慢は出来ますが、

具体的に、しかもわかり易く、断熱、気密に関しての説明をしてもらえないし、

出来ないのが現実です。

本当にどう判断すればいいのか困ってしまいますね。

私たちは定期的に社内で勉強会を行っていますので、

「他社の説明がよくわからなかったので」と言う人でもしっかり説明いたしますので、

お気軽にお問い合わせください。それでは、今月も頑張っていきましょう。

Copyright Tulip House. All Rights Reserved.