Tulip House 株式会社竹田木材

家族が仲良く健康で幸せに暮らせる家づくり
HOME > お客様の声 > 富山県 M様邸

富山県 M様邸

2017-12-13

効率の良い家事動線とライフスタイルにこだわった家

正面からはコントラストの効いた2色。北側と西側からは白、東側からはダークブラウンに見える。これはご主人のアイデア、見る角度で印象が変わる。

 

採光と風通しが考えられた、ゆったりとしたくつろぎのリビングダイニング。フローリングはペット対応にして高耐久性の強化フィルム、シストSを採用。メインクーンの子猫ちゃんとご夫婦の癒しの時間。

 

明るいキューブ型がコンセプト。フローリングは全室ペット使用。

新興住宅地の見通しの良い角地に建てられたM様のお宅は、三つの立方体を組み合わせたような外観が個性的、シンプルモダンなスタイルです。
玄関から中へ入ると、最近飼い始めたという、かわいい子猫ちゃんがお出迎え。部屋のフローリングはほぼ全てペット対応にしています。
結婚当初からマイホームを計画していましたが、一年ほど前に本格的な家づくりをスタートしました。たまたま奥様のご実家にあった、チューリップハウスのチラシを見て見学会へ。気軽にライフプランの相談ができて、その後も間取りプランなど、親身にアドバイスしてくれたのが決め手でした。

「いくつかの希望を伝えて、そこから必要な部分を足したり削ったりしていきました」と奥様。しかし、あらかじめ希望を伝えていなくても、チューリップハウスの竹田社長が何気ないご夫婦の会話からくみ取って、間取りに活かしてくれたそうです。
ご夫婦の希望は、「明るいキューブ型をコンセプトに、採光と風通しを考えたバランスの良い機能的なお家」だったとおっしゃいます。ゆったりと快適なリビングに加えて、一番のこだわりは家事動線の使いやすさ。キッチンとカウンター収納を独立したアイランド形式とすることでキッチンを中心とした家事動線がスムーズになり、しかもキッチンからダイニングへの動線も一直線です。
また、洗濯機が設置されている脱衣洗面からサンルームへの動線もスムーズな間取り。共働きでお忙しい奥様が使いやすいよう設計してあります。
「お互いの要望を受け入れながら、理想的な家づくりができた」とおっしゃるM様ご夫婦。家族が増えることも考え、未来を見据えた準備もしっかり整っています。

 

玄関にはシューズクロークをつくりすっきりした印象に。棚を置かないかわりにピンク壁のニッチがアクセント。正面は収納。

ご主人の選んだワインレッドのシステムキッチン。アイランド型キッチンの背後に、レンジ台を設けた機能的な配置。ダイニングテーブルをキッチン横に並べたことで、配膳がとってもラク。

 

和室の扉は収納式で開口が広いので、リビングと続き間としての使用が可能。その右隣にはリビング階段を設置した。階段もペット対応の床材を使用。

和室の左右には大容量の収納が。片側は3枚扉で開口も広い押し入れタイプ。

 

反対側は階段下のデッドスペースを有効利用している。

琉球畳とダークブラウンの壁紙がモダンで落ち着いた和室。縦長のスリット窓には、和紙風プリーツスクリーンがかけてあり、やさしい光が入る。

 

明るいサンルームは洗濯機からの動線も快適。勝手口の役割も果たしている。

洗面脱衣室は清潔感に溢れたワイドスペース。可動式棚のある造り付け収納が便利。

 

回遊できるアイランド式キッチンにしたのは、家事動線を考えたため。レンジフードの後ろの柱は耐震性を。飾棚は実用性を兼ね備えている。

バルコニーへの掃き出し窓、反対側は広いウォークインクローゼットを設置し、広い空間を感じられる寝室。

 

寝室のウォークインクローゼットは奥行きがあるが、窓を付けているので明るい。

寝室にあるバルコニーは主に布団干し用で、耐震に優れたボックスタイプ。

 

南側の洋室は大きな窓を二つ配置、明るい印象の部屋になっている。将来のお子様のために、収納スペースもたっぷり。

もう一方の洋室は隣接する建物からの視線を考慮。小さな窓を二ヶ所に設置して採光もバッチリ。

 

階段の高い位置に窓を配置し、光と風通しを確保。猫ちゃんが外を見られるように磨りガラスをやめたとのこと。

 

Copyright Tulip House. All Rights Reserved.