Tulip House 株式会社竹田木材

家族が仲良く健康で幸せに暮らせる家づくり
HOME > 家づくりのお役立ち > 台風に備えて家族を守ろう

台風に備えて家族を守ろう

2021-08-10

チューリップハウスの、竹田です。
 富山県でも、熱中症警戒アラートが発表され、
毎日厳しい暑さが続いておりますが、皆さんお元気でしょうか?
今年も台風発生のニュースを耳にする季節となりました。
ほぼ毎年災害を引き起こす台風は、海面温度が上昇する夏から秋に最も多発します。
8月から9月にかけて日本列島を縦断するように接近しますので、注意が必要です。

他の災害に比べて、とりわけ毎年同じ時期に起こる台風には、自分でできる対策が2つあります。
「生活の対策」と「住宅の対策」です。

 

備えを万全にして生活を守ろう

まずは避難所の場所を確認、そして食料、生活必需品、照明、連絡手段などの対策が必要です。
特にライフラインの停止に備えておきましょう。
家族が生活する上で最も困ってしまうのが停電と断水です。
停電に備えて懐中電灯など電池式の照明を確保しておきましょう。
長引くと電池の確保自体が困難になる恐れもありますので、
ろうそくなど電力を必要としない明かりを準備しておくと良いですね。
また冷蔵庫が機能しなくなりますので、事前に保冷剤を用意しておくと便利です。
保冷剤は食品の保冷以外に熱中症対策としても利用できます。

 

早めに備蓄品のチェックを

地域一帯が停電してしまうと、コンビニやスーパーでも食料品や冷凍食品を冷やせず入手困難になります。
日持ちのする食料品、トイレットペーパー、衛生用品、電池などは、
台風接近が予報された時点で準備しておきましょう。
あとは断水に備えた飲料水の確保、生活用水用にお風呂の湯船に水を溜めておきます。
台風最接近の少し前にお風呂のお湯を沸かしておくと、その日の入浴に困らないので良いですよ。

 

強風対策も怠らないで

次に住宅の対策です。
ベランダや屋上にある物干し竿や家の庭にある植木鉢などは強風で飛ばされると危険です。
風雨が強くなる前に物干し竿は下ろして、
植木鉢など飛ばされる可能性のあるものは家の中に入れておきましょう。
排水溝に落ち葉やゴミがつまっている
と、そこから浸水する恐れがあるのでチェックを忘れずに!!
玄関や窓は強風にあおられて破損する恐れがあります。
ドアをロックし、窓は飛来物に備えてカーテンやブラインドを閉めておきましょう。
停電時に備えて電動シャッターや玄関ドアなどの電気錠は、
非常時の操作方法を確認しておくことも大切です。
また、オール電化住宅では、停電してしまうと調理できなくなり、
都市ガスも断たれてしまう可能性がありますので、カセットコンロを用意しておきましょう。

 

最近は天気予報も発達しており、台風が接近する時間帯まで知ることができます。
家族を守るために、生活と住宅の双方の視点から、
自分でできる十分な対策をしておくことをおすすめします。
それでは、今年も熱中症と台風に気を付けて頑張っていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright Tulip House. All Rights Reserved.